自分の将来や専門分野に迷ったら考えるべき3ステップ

スポンサーリンク
モチベーションを保つ力
この記事は約6分で読めます。
学生
学生

これから自分の専門は何にしたらいいんだろう… 

サラリーマン
サラリーマン

これからの転職時代にどんな仕事を選べばいいんだろう… 

こんな疑問に

 

  • 将来のことをいまから考えはじめる人でも大丈夫なように
  • 3ステップで超わかりやすく

 

答えていきます。

 

結論から言うと 

1.自分がやりたいことを考え、やりたいことができる職業を探す 

それが見つからなさそうなら 

2.自分が求める環境の職業を探す 

それが見つからなさそうなら 

3.稼げる職業を探す 

というステップを踏みましょう。

 

解説です。 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

自分がやりたいことを考え、やりたいことができる職業を探す 

よくある意見ですが、やはり一番大切なのは 

自分のやりたいを仕事に 

です。 

 

お金を稼ぎすぎても幸せにならないというデータがあるように 

人間が本当に仕事に求めるのはお金ではなくやりがいです。 

世間では「ブラック企業」という言葉が流行語になっていますが、 

いくら忙しくても 

 

サラリー太郎
サラリー太郎

自分の成長につながっているんだ、やりがいがある

 

と自分が理解していれば、社員は会社をブラック企業とはみなしません。 

 

体験談をすると、 

私が大学院生だったとき所属していた研究室は超絶ブラック研究室でした。 

3日間ずっと研究室で研究をすすめ、3日間に1回だけ帰宅して睡眠をとるという生活…

 

私

今日も夜にお風呂に入るためだけに家に帰るのか…

 

しかし、私は一度も「ブラックだからやめたい」と感じたことはありませんでした。 

研究活動を通して自分の力になっていると強く感じることができたからです。 

フリーランサーの間では

自分のやりたいことをやりすぎて

 

「セルフブラック企業」

 

という言葉が有名になっているようです。

とはいえ

 

でもやりがいよりはお金が大事だ お金が全て

 

と考える方もいるでしょう。

お金が一番大切という価値観の方であればそれでいいと思いますし,

否定するつもりもありません。

 

私は保険の勉強をするためにYoutubeをよく見ています。

保険の注意点を発信している,私が好きなあるYoutuberは

保険会社から

「5,000万円あげるから代わりに保険の発信をやめてくれ」

と言われたそうです。

でもそのYoutuberは断ったそうです。

「みんなを経済的自由にしたい」という目的・やりがいを無くしてしまわないため

ということでしょう。

 

他にも自分の発信目的と合わずに,高額案件を断るインフルエンサーが大勢います。

 

「仕事の目的・やりがい」がその人の「幸せ」に直結している。

やりがいを見つけて仕事に打ち込めること というのは人生に幸せを運んでくれます。

  

自分が求める環境の職業を探す 

 

自分のやりがいがわからないから職業が選べない…

 

こんなひともいますよね。 

でも焦る必要は全くありません。 

やりがいは長い人生を通して見つかるものであってすぐ見つかるものではないんです。 

あとからやりがいが見つかって転職するひとが不幸かといえば全くそんなことはなく、

むしろ幸せになれます。 

 

じゃあやりがいが見つかるまではどうしたらいいの? 

 

やりがいが見つかるまでは

仕事環境が良い職業を探しましょう 

仕事環境とは 

 

  • 自由に時間をえらべる
  • 自由に場所をえらべる
  • 設備がととのっている
  • 福利・厚生が充実している
  • 人間関係が良い
  • 上司は自分を成長させてくれる

 

などなどいろいろありますね。 

自分が求める職場の環境を探していきましょう。 

 

私の大学時代の親友は高校生の時に 

「やりたいことはとくにないけど、定住して子供を産んで安定して暮らしたい 」

 

という環境を求めていました。 

その環境を満たせる職業として地方公務員の教員を目指し、 

田舎の定員15倍の教員採用試験に新卒一発合格しました。 

今もよく連絡をとりますが、 

 

親友
親友

忙しいこともあるけれど、休みをすぐとれるし、稼ぎも安定している。

 教員になってよかった 。

 

と言っています。 

まずは良い環境の仕事をやってみて、 

それから自分が何をするのが楽しいのか 

ゆっくり考えてみるのもいいのではないでしょうか。 

稼げる職業を探す 

 

やりがいがわからない!求める環境もわからない!

 

こんな方も多いと思います。 

挙げた例でも、子育てする環境を高校生から求めるひとなんてそうはいません。 

ではどうやって仕事を探せばいい? 

 

とりあえず稼げることを職業にしましょう

 

お金が幸せにつながらないと冒頭で言ったばかりですが(笑) 

やりがいも求める環境も、見つけるにはなかなか時間がかかってしまいます。 

それらを見つけるまではお金をメインに考えると、 

いざやりがいが見つかった!求める環境がある! 

というときが来ても 

 

まとまったお金がないし、家族にも迷惑をかけられないから動けない…

 

という状態になってしまいます。 

そうならないためにまずは稼げる職業をえらんで、 

次なる職業を探すための資金をためておきましょう。 

  

「例えばどういう種類の職業がいいのか教えて欲しい!」

という方もいるかなと思いますので,少し紹介すると

IT業界

がやっぱりアツいかなと思ってます。

  • 時間にしばられない
  • 場所にしばられない
  • 人手不足で引く手あまた
  • 年収1000万もかなり現実的
  • 影響力があり,やりがいがある
  • 5GやAIのような世相ともあっている

これまで紹介した要素が多く含まれていますね。

 

また、就きたい職業につくためには

もちろん自分の能力も必要です。

いつでも希望する職業につくことができるように

普段から自分の力を伸ばしておくこと

これが非常に重要になってきます。

日常的に勉強しておき、チャンスがきたらつかめるようにしっかり準備しておきましょう。

 

まとめ 

学生
学生

これから自分の専門は何にしたらいいんだろう… 

サラリーマン
サラリーマン

これからの転職時代にどんな仕事を選べばいいんだろう… 

 という方々には

 

1.自分がやりたいことを考え、やりたいことができる職業を探す

2.自分が求める環境の職業を探す

3.稼げる職業を探す 

 

これら3ステップが大切です。

悩みに答えられていたとしたら私はとっても嬉しいです。 

読んだけどなかなか行動できないという人も、 

「今日が一番若い日なんだから」 

とかんがえてすぐ行動していきましょう !

 

きっと人生はよりよいものになります。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました