“ 高校 ”と“ 大学 ”の違いから見える危険

スポンサーリンク
大学生
この記事は約5分で読めます。

今回は「とりあえず大学に進学しよう」と思った高校生が気をつけるべきことについて話していこうと思います。

学校といっても様々なので,今回は高校について考えていきます。

自分が生徒だったときに「これは知っていたかったな…」と思ったことを中心に話します。

おこめ
おこめ

タイムマシンほしくなるときありますよね〜

私も大学で6年間過ごしてきて,「大学ってこう言うところだ」とある程度理解できたので話していきたいと思います。

 

今まさに高校生の人はもちろん,

もし高校生を子供に持つ方にも役に立つ情報だと思います。

 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

「大学・社会で生き抜く力」の必要性

勉強はなんのためにしている(した)と思いますか?

より良い中学・高校・大学に行くため!

社会に出ていくための準備!

いろいろな意見あると思います。

これらはもちろん正しいです。

 

今や高校生の半分以上は4年制大学に進学するいま,

とりあえずみんな大学行くから大学に進学します。」

と思っている方が多いと思います。

 

実際に私もそう言う高校生を多くみてきました。

そうして大学に行った結果,

大学生活はこんなはずじゃなかった

高校と同じ努力では通じなかった

などで大学を中退していく友達をたくさんみてきました。

どうしてこんなことが起こるのかというと

高校できちんと 高校 と 大学・社会 の違いを理解していないからです。

 

では

どういう違いがあるのかみていきましょう。

高校と大学の大きな違い

高校と大学の違い」をきちんと理解しておかないと大学進学のために努力の方針を間違えかねません。

高校と大学の大きな違いは教員の違いです。

教員の違いと言っても様々ですが,教員の目的の違いについて見ていきます。

高校の先生の目的

高校の先生の進路を見ていきましょう。

① 大学進学

② 教育について学ぶ

③ 大学でどうやって生徒を成長させるか研究する

④ 先生として学校で教えるうちに試行錯誤して改善する 

高校の先生の進路に一貫している目的は「生徒を成長させたい」です。

生徒を成長させるために教育を学び

生徒を成長させるために大学で研究し

生徒を成長させるために学校で試行錯誤します

 

生徒の成長とは具体的には

・生徒が望む大学に進学する

・部活動で成功する

・学校行事で協力できる

ですが,これらのようにわかりやすい結果が出なくても,成長した生徒の姿が見られれば満足します。

 

大学の先生

大学の先生の進路は

① 大学に進学

② どんどん自分の興味が向くままに研究を続ける

③ まだわかっていないこと・社会に役立つことを明らかにしていく

④ 名誉が得られる

大学の先生の目的に「学生」が入っていないことがわかりますね。

 

実はこれを意識している高校生はほとんどいません。

大学でも高校と同じように先生に教えてもらえる!!

そう思って進学し,実際思っていたような教師像とのギャップに苦しむ人も出てきます。

 

高校生が必要になる力

これらの違いをきちんと把握していれば,対策の打ちようがあります。

大学の先生も研究がメインの仕事とはいえ,学生を教えることも仕事の一部に入っています。

と言うことは

「大学の先生が教えたくなる学生」になることが一番大学で学ぶチャンスを得られる学生と言うことです。

それはどんな学生かと言うと

・積極的に学びにくる

・研究分野に興味しんしん 

こんな学生です。

私も実際こんな学生を目指し,多くの指導を受けることができました。

いま大学生の方々はこのような学生を目指すと頭ひとつ抜け出した学生になれるでしょう。

そんな学生は企業人の目にも止まりやすく,良い就職先に巡り合えることでしょう。

 

ではこんな学生になるために高校生のうちからできることは何でしょうか。

それは

✅ 高校の先生に積極的に学びにいく

✅ 学問分野に興味を持つ

このようになりますね。

 

前にも話したように,高校の先生は「生徒を成長させること」が最大の目的です。

必ず生徒の学習に協力してくれます。

実は学校の先生というのは

大学や社会に出ていく前の協力してくれる希少な存在です。

もし先生が近くにいる環境にいるような人が読者の中にいれば,利用しない手はありません。

さいごに

大学を終えて,社会に出た後も同じような状況が待っているでしょう。

会社だって社員の成長を願っていない会社もあります。

✅ 積極的に学びにいく力

✅ 専門分野に興味を持つ力

これらの力は大学だけでなく,一生役に立つ力ともいえます。

もし,高校生なら周りの環境を上手く生かしてこれらの力を身につけていってください。

 

高校生ではない方は良き指導者を見つけるのは難しいことかもしれません。

しかし,自分の環境は自分で整理しないと変わりません。

最高の環境の作り方について別の記事で書いていますので参考にして見てください。

 

今回は私が高校生の時に知りたかったことをまとめました。

もしこの記事が成長の役に立てば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました