ぶっちゃけ国語・数学・英語とかムダ?教科で得られるもの

スポンサーリンク
モチベーションを保つ力
Higher education students taking notes at tutorial lecture participating in seminar seminar classes isometric composition vector illustration
この記事は約6分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちは〜!おこめです!

「国語や数学なんて学んでいても意味がない,行動力とかの方が必要」

このように思う人は多いのではないでしょうか。

 

つまり学校で学ぶことで自分に役に立つことや利益はないだろうということは誰でも考えたことがあると思います。

 

今回は学校で学ぶことがどのように生きるために役に立つのかについて話していきます。

学校の勉強ってなんの役に立つかわからないし,めんどうくさい。

けどやれって言われるからやるけど。

学校の勉強ってこう言うふうに役に立つから,力が身につくように勉強頑張ろう!

このようにどういう利益があって勉強しているのかと知っておくことは力を身につける上でかなり大切になってきます。

誰もが通る学校の勉強という機会を

チャンスと捉え力を身につけるのか

めんどうくさいタスクだと思って機をを逃すのか

今回の記事を読んで成長のチャンスを逃さない人になって欲しいと思います。

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

授業によって得られる力

実は学校で教えられる国語や数学といった教科ではそれぞれで実際に自分に利益を運んでくれるような役に立つ力を身につけることができるんです。

今回は例を交えて紹介します。

少しだけ各教科で狙われている身につけるべき見方や考え方について解説します。

 

「緑茶」に対する見方や考え方の違い

今回は

飲料メーカーとして緑茶の売り上げをあげたい

という立場で緑茶の販売促進担当を例にとって各教科によって身につく観点を解説していきます。

担当者は5人います。

ジャパ
ジャパ

国語超得意!

マス
マス

数学がとっても得意!

ソーシャ
ソーシャ

社会こそすべて!

サイエン
サイエン

理科は体の一部!

イング
イング

I am Engliholic!

  • 国語がとっても得意なジャパさん
  • 数学がとっても得意なマスさん
  • 社会がとっても得意なソーシャさん
  • 理科がとっても得意なサイエンさん
  • 英語がとっても得意なイングさん

それぞれが緑茶の売り上げを伸ばそうとするとどのような方法をとるでしょうか。

ジャパ
ジャパ

緑茶といえば日本の伝統!日本の原風景である田んぼを連想させるようなキャッチコピーが良いな。田んぼが多いところだと遠くから人を発見して声をかけることがある。

商品名に「お〜い」なんて入れると田園風景が連想されて良い。

ソーシャ
ソーシャ

どの国が緑茶のニーズがあり,コストパフォーマンスが最適な流通国を分析した。

北米は日本❌健康志向のイメージが根強いから,健康志向飲料としてセレブを中心に売ると儲かるだろう。

サイエン
サイエン

本当に緑茶は体に良いのか,調べてみよう。

今のところの科学論文によれば,抗酸化作用や抗菌作用は科学的に証明されているため,確実に健康に役に立つと言い切ることができる。

健康面をもっとアピールしても良いかもしれない。

マス
マス

販売の統計情報を年ごとにまとめ,販売を改善する。

需要と供給の統計を計算して,販売を効率化しよう。

イング
イング

海外で人気のある日本の良いイメージ「わびさび」を感じさせるように,ボトルを竹のようなデザインにしてみてはどうか。

もうお気づきだと思いますが,これはもうすでに商品として日本や海外で大人気の有名な緑茶です。

授業の「内容」ではなく,「身につく力」

学校の授業では

数学ではベクトルを勉強した

など,「教科で何を学んだのか」という内容に注目しがちです。

 

しかし,教科では内容を学ぶことがメインではなく,力を身につけているかどうかが一番大事になっています。

理科できちんと学べば,

「商品の有効成分を見極め,本当に体に良い商品だけを買うことができる」

ということになります。

このブログでも「遺伝子組み換え食品」や「オーガニック食品」の効果について書いています。

理科で必要な力を身につけていれば,自分にとって効果があるものしか買わなくなるので無駄な出費が減ります

 

このように実は,教科を学んでおけば必ず自分にとっての利益があるんです。

 

しかし,

先生
先生

この教科を学んだらこういうような利益があるよ

利益に関しては教えてもらえることはありません。

自分にあった力を伸ばしていくことが大切

これまで5教科を中心として「どんな利益があるのか」を解説しました。

緑茶を売って利益を出すためにデザイン・キャッチコピー・有効成分など全て一人でするわけではありません。

会社にはいろいろな部門があって,それぞれが専門性を生かして会社の利益に貢献しています。

5教科から得られる力を全てできるようになる必要はありません。

 

どれか一つの力を高めていけば良いんです

 

しかし,もし緑茶の利益を促進するリーダーになったとしたら,

それぞれの部門にアドバイスをしないといけない立場になるわけなので

5教科の力全てが必要になるかもしれません。

自分に何が身に付いているのかという考え方の必要性

「学校で得るものはない」というのが間違っていることは理解していただけたかなと思います。

しかし,最初に話したように

授業によって何が身についているのか?

という考え方はかなり人生に利益をもたらしてくれます。

 

自分の成長にとって必要なものとそうじゃないものが混ざり合ってこの世には存在しています。

テレビゲームは自分の成長に必要だと思いますか?

それとも不利益しか与えないものと思いますか?

多くの人は知りませんが,ゲームをしていれば

・良い職業につける

・人を動かすことができる

などなどたくさんの利益があります。

詳しくは別記事で書いています。

さいごに

今回は学校の授業によって得られる利益について話しました。

実は「国語とか数学なんてなんの役にも立たない」なんて考えている人は教科をただの内容とししか見ていません。

同じ学校の授業を受けて,

自分の利益になるよう力を付けられる生徒

将来使わない教科の内容の知識だけを身につける生徒

に分かれてしまいます。

学校だけでなく社会に出ても同じ現象が起きます。

 

自分にとって利益になることを集められるようになって

自分の幸せを得られることを願っています!

おこめ
おこめ

今日も読んでいただきありがとうございました~!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました