工学部か農学部か?就職から決める理系の学部の選び方

スポンサーリンク
大学入試
この記事は約5分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちは〜!おこめです!

 

生徒
生徒

理系志望だけど,工学部・農学部どっちに行ったらいいんだろう…

今回は高校の教員としてたくさんの受験生と進路指導しながら,

株式投資などの経験から経済を学んだおこめが,

 

理系の学部の違いを就職の視点から解説します

今回は2つの学部を解説するので,かなり説明が簡単になります。

これからもしそれぞれについてもっと詳しく解説してほしいという要望があれば別の記事で解説しようと思います! 

 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

常に安定した企業に就職したい→農学部

食品業者の画像
Chefs, cooks and waiters working at restaurant kitchen isolated flat vector illustration. Cartoon professional and commercial cooking process. Hospitality and food concept
生徒
生徒

企業はどこでもいいけど,安定した職業に就職したい!

安定思考の方には農学部がおすすめです。

農学部からの人気就職先は以下の通りです。

・製薬会社

・食品会社

・農林水産系公務員

公務員は安定というのは説明不要だと思うので,残りの製薬会社・食品会社について解説していきます

生活必需品を扱う企業は安定・低成長

会社が扱う商品にはジャンルがあります。

・今も昔も私たちの周りにあって,なくてはならないもの

・時代によって移り変わりが激しく,すぐ出てきたりなくなったりするもの

今回あげた製薬会社・食品会社は前者:今も昔も私たちの周りにあって,なくてはならないものになります。

・いつだって食べ物はなくてはならない

・いつだって薬はなくてはならない

ですよね。

 

これらを扱う企業は目新しい新商品を作らなくても,すでにある商品が安定して売れていきます

 

おこめの友人には超有名ふりかけを作っている会社の御曹司がいましたが,

御曹司が社長になったとして,社長がビジネスノウハウなど知らなくてもずっと売れそうですよね笑

世の中からお弁当がなくならない限り売れ続けます。

 

革新的な面白さはないかもしれませんが,それは不安定ということもできます。

安定な分だけ,普段から面白みが欠けるような仕事ばかりかもしれません

 

人は誰しも頑張りたいときと頑張りたくないときがあります。

ずっと何十年もその企業と付き合っていくのであれば,少しつまらないけど安定感抜群くらいがちょうどいいかもしれませんね。

 

華やかな企業で高収入を狙いたい→工学部

Female engineer standing near chalkboard explaining project. Draft, building, worker flat vector illustration. Construction and architecture concept for banner, website design or landing web page
生徒
生徒

華やかな有名企業に就職して高収入を得たい!

こんな成長志向の方は工学部に進学するといいでしょう

 

工学部から人気の就職先は以下の通りです。

・製造系会社(車・電子機器)

・情報通信系会社(インターネット・携帯電話)

先端の製品を扱う企業は不安定・高成長

製造系・通信系の業種は

・時代によって移り変わりが激しく,すぐ出てきたりなくなったりするもの

にあたります。

 

数年前まではスマートフォンなんてものはありませんでした。

今やグーグル・アップル・アマゾンなどの企業が超巨大企業になっていますが,

数年前は日本のNTTなどが圧倒的に強かったです。

 

このように,工学部の業界は時代とともに移り変わっていき浮き沈みが激しいです。

 

おこめの兄は自動車系の企業に勤めていますが,

コロナの影響で

・ボーナスカット

・残業禁止

・備品節約

になってヒイヒイ言ってます笑

 

このような企業はやはり常に成績を右肩上がりに成長することが求められます

 

最初が60点だとしたら必ず次の年は70点,次は80点と

「常に成長」

これが常識になります。

 

成長できないとみなされればすぐに捨てられます

 

しかし,逆に言えば

1年間で60てんが120点になるような超高成長も狙うことができます

 

最初にあげた食品系なんかではそうはいきません。

頑張り続けるのが苦にならない人には向いていると言えますが,

頑張り続けるのがしんどいと感じる人には少し厳しいこともあるかもしれません。

 

さいごに

理系の学部進路について就職の視点から解説しました。

・安定・低成長→農学部

・不安定・高成長→工学部

まとめるとこのようになります。

 

しかしもちろん企業だけではなく,自分の興味も大切にする必要があります。

アップル製品のような美しくハイスペックなものづくりがしたい!

この情熱は大切にしてほしいと思います。

 

今回は業界の現実的な部分を紹介しました。

情熱と現実のいいとこどりができるような進路を選んでほしいと思います。

他にも大学進路に関する記事を書いているので参考にしてください。

今回も読んでいただきありがとうございました!

 

他の人の記事も参考になるのでぜひみてみてください!

↓↓↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
大学入試 親・上司・教員 高校生・受験生
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました