オーガニック食品にお金をかけるべきか

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

健康のためなら死んでもいい!

おこめの親戚のおばちゃんに健康オタクのおばちゃんがいます。

 

健康に興味がある人が大好きなのが

オーガニック食品

です。

 

オーガニック食品は本当に体に良いのでしょうか?

買うとなると継続的に食べないといけないし,かなり値段が高めなので,買うかどうかけっこうためらいますよね。

今回は理科教員の筆者が,薬剤師の意見も踏まえながら,

科学的にオーガニック食品が体に良いものなのかを解説します。

結論から言うと,

オーガニック食品は他の食べ物と比べて,とっても体に良いものではない

解説していきます!

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

オーガニック食品は体に良いか判断できない

オーガニック食品に含まれる成分表を見てみましょう。

オーガニックパスタソース」という商品です。

このように原材料名には「有機〜」と書いてあるだけです。

「有機野菜」と聞けば体に良さそうですよね。

 

でも有機野菜というのはもちろん体に入ったら

  • ブドウ糖
  • アミノ酸
  • 脂肪酸

などに分解されて体に吸収されます。

そしてアミノ酸などの成分が直接体に作用して効果をもたらします。

 

つまり,有機野菜が直接体に良い影響をもたらすわけではないんです。

 

有機野菜にはもちろん良い成分もありますし,あまり良くない成分もあります。

 

けっきょく「有機〜」だけの情報では何が入っていて何が入っていないのか判断できなんです。

化学物質食品の方が効果が期待できる

さっき話したようにオーガニック食品はいい効果があるかどうかわかりませ

しかし,化学物質食品は体に良いかどうか判断することができます。

 

日常的によく見る化学物質食品はサプリメントですね。

原材料名には「ヒアルロン酸」「セルロース」

など難しい化学物質名が並んでいます…

カタカナとかわからんわからんわからん!!!無理無理無理無理無

おこめ
おこめ

少しだけ待ってください!考えることをやめないことが損しない生活への第一歩です!!

もう考えたくない気持ちもわかりますが…

それぞれの化学物質が体にどういう効果があるのかみていきましょう!

 

ヒアルロン酸:口から摂取することで皮膚を含めた全身で効果を発揮することが明らかになっている。

セルロース:口から摂取することで血糖上昇抑制効果が明らかになっている。

このように化学物質レベルであれば様々な良い効果があると明らかになっています。

つまり,オーガニック食品と違って,化学物質は摂取すれば必ず良い効果があると判断できるということです。

 

実際に薬剤師の友人にオーガニック食品と化学物質食品の効果について尋ねてみたところ,

「オーガニック食品は健康に良いイメージが世間ではあるけど,薬剤師の間では成分的に得体が知れなくて効果があるかどうか判断できない。化学物質食品はシンプルで,すべて効果がある物質が入っているかどうか書いてあるから健康に良いとすぐにわかる。薬局で販売しているものも,本当に効果がある化学物質しか渡していないからね」

と,化学物質は体に良い効果をもたらしてくれるという意見でした。

 

よくよく考えてみれば,薬局で処方された薬もすべて化学物質ですよね。

 

化学物質だから怪しい

というのは間違っていると理解いただけたと思います。

 

ではどうして「化学物質は怪しい」という間違ったイメージが広がっているのでしょうか。

オーガニック食品と化学物質食品のイメージ

大昔の食べ物は全てオーガニック

大昔の話です。

昔は化学薬品を食品から取り出す技術がないので,

食べるもの全てオーガニックになります。

畑で取れたお米,川で取れた鮎などを調理して食べることしかできません。

 

人の健康に直接効果があるものだけが化学物質として取り出される

お米の中にはいろいろな物質が含まれています。

お米の中のどの物質が健康に役立っているの?

人類はこう考えるようになります。

そこで「この物質が直接体の健康に役に立っている!」という化学物質が明らかになりました。

 

健康に害を及ぼす化学物質も明らかになってくる

健康にいい影響を与える化学物質がわかってくれば,健康に害を与える化学物質も明らかになりました。

日本でも殺虫剤に使用していたDDTが自然や動物に被害を及ぼすことが話題になり,「沈黙の春」の本も有名になりましたね。

他にも日本では4大公害が起こりました。

水俣病になってしまった人などの恐ろしい写真が出回り,

化学物質=体に悪い

という化学物質のイメージにつながってしまいました。

さいごに

科学技術が進展した今の時代でも

化学物質だから怪しい!

と決めつけ,損をしている人がたくさんいます。

必要なものが入っているかどうかを判断できるのは化学物質である

しかし,

ということはわかっていただけたと思います。

 

この記事で伝えたいのは

オーガニックなら良いと思考停止しないでほしい。

ということです。

 

ただ,オーガニック食品を否定しているわけではありません。

「オーガニックを食べると健康的な気分になれる」という効果はあるのでオーガニック食品を食べない方がいいとは言いません。

 

今回は科学的に見れば効果が薄いということを理解した上で選択して欲しいと思って書きました。

皆さんがこれから正しく化学物質を理解し,健康を維持して欲しいと思っています。

おこめ
おこめ

今回も最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
自分を守る力
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました