【実話】お金の勉強が教員で役に立った話

スポンサーリンク
相手を伸ばす力
この記事は約5分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちは〜!おこめです!

今回はおこめの個人的な体験談です笑

お金の勉強が教員生活でとっても役に立ったという話をしようと思います。

 

おこめは教員をしていました。

通勤時間は毎日3時間弱ありました。

そこでおこめは通勤時間を全て聞いて学習する時間に変えました。

その辺の話はしたの記事でかいています。

通勤学習では,教員として役立つ心理学や教育学も勉強しましたが,

「お金の勉強」をかなりガッツリした時期もありました。

そのお金の勉強が実際に教員生活で役に立った!という話です。

おこめ
おこめ

かなり個人的な話なので教員や保護者の方にしか

役に立たないかもしれません^^;

 

・親のありがたみを実感させられた

・保険に入らなくても良くなった

・「自由になるための勉強」を教えられるようになった

順に話していきます!

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

親のありがたみを実感させられた

ありがとうの画像

実はおこめが務めていた学校は親と仲が悪くなり,他県から来て高校から寮に入りはじめた生徒が多くいます。

 

そんな学校である日,野球部の子は硬球が自分の顔に当たってしまいました。

生徒は「めまいがする」ということなので,学校から1時間ほどのところにある脳外科におこめが連れて行くことになりました。

病院ではCT検査を受けることになりましたが,異常なし。

検査費用は6000円でした。

もちろんこれは扶養の健康保険で3割負担になっています。

 

帰り道。

生徒
生徒

今日明日は野球ができなくて辛い…

と言っている生徒。

おこめ
おこめ

保険証なければ20000円くらいかかってたんだよ。

親が働いているから安く済んだし,野球だってできてるから,幸せもんだね。

生徒
生徒

…そうですね。今度電話した時にありがとうって言っておきます。

 

おこめ
おこめ

(社会保険勉強しておいてよかった!)

と勝手に思ってました笑

 

社会保険くらいは誰でも知っていることですよね笑

しかし,おこめは超がつくほど世間知らずなので,勉強したことがそのまま生きた気がしてとても嬉しかったです。

おこめ
おこめ

個人的な話で申し訳ない笑

 

保険に入らなくても良くなった

学校に勤務していると,保険の営業がよく校内に入っているのをみます。

保険に入っている先生に話を聞いたり,1年目の先生を勧誘するために頻繁に訪れます。

 

当然1年目だったおこめにも営業がきます。

保険について通勤学習でみっちり勉強していたおこめ

おこめ
おこめ

民間の保険に入らなくても,もうすでに十分な保険に入っている!

というマインドで営業と話すことができました。

そして無駄な保険に入らずにすみました

 

保険さん
保険さん

年金積立はいかがですか?

おこめ
おこめ

自分で個人確定供出型年金運用しているので大丈夫です〜

 

保険さん
保険さん

医療保険は?

おこめ
おこめ

高額療養費制度や傷病手当を使うので大丈夫です〜

 

保険さん
保険さん

学資保険は?

おこめ
おこめ

夫婦で積立NISAと一般NISA高配当株投資しているので大丈夫です〜

 

 

保険さん
保険さん

ドル建てなら増えますよ?

おこめ
おこめ

自分で運用した方が利回りがいいので大丈夫です〜

という感じで全て断ることができました。

そのおかげか,1年目で200万の貯金を作ることができました

おこめ
おこめ

知識武装のおかげ!

と勝手に思っています笑

 

「自由になるための勉強」を教えられるようになった

実はこれは学校の闇なんですが,

学校は真面目なサラリーマン養成所

なんです。

「規律を守ろう」

「協調性を大事にしよう」

「ひたすら黙って努力しつづけよう」

みなさん学校ってこんなイメージですよね。

 

学校が目指す生徒像は

企業で輝くサラリーマン

です。

 

つまり,経営者やフリーランスは目指されていないんです。

おこめ
おこめ

行政的にも,税金がしっかり取れるからサラリーマンが欲しいですよね〜

 

おこめはサラリーマンになることが悪いと言っているわけではありません

サラリーマンは家族を扶養に入れられたり,年金が多かったりと守りに優れているので,安定志向の人にはうってつけです。

 

しかし,おこめは

おこめ
おこめ

守りがいいか攻めがいいかは生徒が選ぶべきでは?

と思う派です。

 

おこめはお金の勉強を通して,

経営者になる方法

脱サラできる方法

などを学ぶことが出来ました。

 

生徒
生徒

ブラック企業に就職したくない…

生徒
生徒

仕事したくない…

こんな生徒には,脱サラして経済的自由を達成した人のエピソードや道のりを詳しく説明できるようになりました。

 

生徒はサラリーマン以外の就職はそもそも存在しないと思っていたらしく,

そんなことできるんですか…?

と目からうろこだったようです。

おこめ
おこめ

可愛いですよね笑

 

このような「自由になるための勉強」を教えることが出来たのはお金の勉強をしたからだと思っています。

さいごに

最近は昔と違ってお金の勉強はかなりオープンになってきていますよね。

でもこれから就職する高校生はまだまだ昔の考えをしている子が多いです。

できるだけ「自由になるための勉強」を高校時代から積み上げていってほしいものです。

おこめ
おこめ

個人的な話ですみませんでした笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
相手を伸ばす力 親・上司・教員 高校生・受験生
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました