高校生が寮に入るメリットデメリット

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
親

高校の子供を寮に入れたほうがいいのか,それとも自宅から通わせたほうがいいのか…

今回は教員として寮の学校にも勤務した経験から,この悩みを解決します。

高校生が寮に入るメリット・デメリットについて話していきます。

 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

高校生が寮に入るメリット

高校生が親のありがたみを理解できる

実際に高校生に聞くとまずこのことについて話す生徒が多いです。

寮生活になると,朝昼夜の食事が寮での食事になるので,食べたいものを食べる事ができなくなります。

他にも洗濯なども自分でやらなければいけません。

部活をする高校生にとって洗濯はかなり多くなったり,汚れの種類なども気にしないといけなくなったりと手間が多くなりがちです。

そんな仕事を実家では親がやってくれることがあったり,たまには外食して美味しいものを食べたりなど,親のありがたみを身をもって理解する事ができます

その後,帰省した時には親に感謝の気持ちを伝えたりということがよく起こるようで,

保護者の方々から

親

寮に入れてよかった…!

と言葉をもらうこともよくあります。

 

私も大学生になって一人暮らしを始めましたが,最初のゴールデンウィークで初日から最終日までずっと帰省してました笑

おこめ
おこめ

あの頃が人生で一番重度のホームシックでした…

 

仲間と頑張れる環境がある

寮には他の友達がたくさんいます。

学校も同じ,家でも同じ

こんな環境では楽しい時も苦しい時も時間をともにする事ができます

 

寮で夜まで語り明かしたりというような楽しい経験から

テストで点が伸びないから一緒に夜遅くまで勉強をがんばったという苦しい経験まで

様々な経験を共有できます。

 

このように経験を共有できると自分の記憶に強烈に残ります。

寮を出た後,社会人になっても

寮は楽しかったな…

とずっと楽しい思い出が記憶に残っている子はたくさんいます。

 

もちろん一人では頑張れない時に一緒に頑張れる仲間がいる事で成長できる子もたくさんいます。

思い出や成長ができるという点から大きなメリットと言えます。

 

高校生が寮に入るデメリット

物事にはデメリットが必ずあります。

必要最低限の生活環境しかない

先ほどメリットのところで親のありがたみがわかると話しましたが,

このような必要最低限の環境はデメリットにもなります

 

「生徒が無断で寮を出て河原で七輪を使い焼肉をして処分される」

こんな事が起こったのを耳にした事があります。

もちろん生徒はルールを破ったので処分の対象になるのは当たり前のことです。

 

しかし,食べたいものがあっても食べられないという不満を抱えているのも事実です。

 

やはり寮に入れても,親は定期的に食べたいものを食べさせるなどのケアは必要になってきます。

それらがあってようやく親のありがたみにつながっていきます。

親なしでは子どもの成長はありえません

 

スイッチのオンオフができなくなる

寮はだいたいが学校の敷地内に併設されています。

そんな環境では

生徒
生徒

学校も寮もリラックスできる家みたいな環境だ〜

と考えてしまう生徒も出てきます。

 

  • 学校の廊下に好きな香水を置いたままにしたり,
  • ヘアセットの機器をトイレに放置したり,

学校と家の区別がつかなくなってしまいます

そんな状態では勉強も疎かになってしまいます。

誰も家で仕事をするのは集中が続きませんよね。

さいごに

今回は高校生を寮に入れることの

メリット

・親のありがたみがわかる

・共に頑張れる環境がある

 

デメリット

・必要最低限の環境しかない

・スイッチのオンオフができなくなる

について話しました。

子どもが成長する場合もあれば逆効果になる場合もあります。

 

しかし,これは運の良し悪しではありません。

親が正しくサポートし,判断すれば必ず子供は正しく立派に成長します。

 

15年間一緒に過ごした親にしか高校生のサポートはできません。

生まれてからずっと築いてきた信頼関係には先生だろうが勝つことはできません。

 

できるだけ子どもの成長にとって必要なものは何なのかを考えて選択していきたいですね。

 

このように自分ではなく相手を伸ばす力についての記事もいくつか書いているので見ていってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
中学生 相手を伸ばす力 親・上司・教員
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました