これから英語がいらなくなる理由

スポンサーリンク
英語
この記事は約5分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちは〜!おこめです!

今回は

これから英語が要らなくなっていく理由

について解説します。

英語はこれから絶対役に立つから勉強するべき!

英語なんて日本人なら使うときないし必要ないよ

英語が必要か不必要かの議論について

英語の教員経験フィンランドへの留学経験があるおこめなりに考えたことを話します。

 

結論から言うと

これから英語は要らなくなっていく

と思っています。

では理由について解説していきます!

 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

フリクションレス化が急加速

オンライン決済の画像

近年のビジネス業界では

フリクションレス化が急加速

しています。

フリクションレス化???

フリクションレス化とは

経済・産業界で2010年代後半から注目を集めている概念。英語で「摩擦」や「軋轢」を意味する「フリクション」がない状態を指す。客が消費をする際に感じるあらゆる手間やストレスを「フリクション」ととらえ、IT技術などを駆使したサービスでそれらを取り除き、付加価値を生もうとする考え方を指すことが多い。飲食店で例えれば、入店するまでの行列、注文と料理の提供までにかかる待ち時間、会計の手間などを客がストレスに感じて来店を控えてしまえば、店にとっては機会損失となる。しかし、事前にスマートフォンで予約や注文、支払いを事前に済ますことができるフリクションレスなサービスを提供できれば来客の増加につながる、といった具合である。

コトバンク:https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9-2130890
おこめ
おこめ

難しいですね笑

簡単にまとめると,手間をなくして売り上げを上げる手法のことをフリクションレス化と言います。

 

皆さんの周りにはすでにフリクションレス化されたサービスがたくさんあります。

例えば,iPhoneの指紋認証・顔認証決済は手間を極限まで減らしていると言えます。

 

今までものを買うときはクレジットカードの番号をその都度入力して暗証番号も入力しなければなりませんでした。

①クレジットカードを手元に置く

②番号を間違いのないように入力する

③有効期限を入力する

④裏面のセキュリティコードを入力する

4つの手順を踏まないとインターネットで物が買えませんでした。

①〜④の間に

めんどうくさいからやっぱ買うのやめた〜

と言う人が世の中にはたっくさんいました。

 

しかし,今やiphoneの指紋認証・顔認証を使えば

①指をホームボタンに置く(顔を近づける)

だけで決済できます。

決済が簡単になりすぎて

電子マンガをいつも間にかめちゃくちゃたくさん買ってた

いつの間にかアプリにめちゃくちゃ課金してた

と言うような思った以上にお金を使ってしまう人がたっくさん出てきました。

おこめ
おこめ

おこめの友達は10万と思ってたら40万も漫画に使ってたそうです笑

企業からすれば,フリクションレス化によって物がたくさん売れるようになり,売上が伸ばせるわけです。

 

言語もフリクションレス化されていく

オンライン翻訳の画像
People using online translation app, translating words from foreign languages with mobile service. Can be used for international communication, travel abroad, learning concept

ネットサーフィンしていて英語のページに入ったとき

英語読めね〜,諦めるしかないか

となった経験はありませんか?

 

「英語が読めないという手間」もフリクションレス化によって無くされていっています。

SNSを見てるとよくわかります。

フェイスブックでもインスタグラムはすでに言語を自動翻訳する機能がついています。

企業は自社の商品を宣伝するのにSNSは多く利用しています。

企業からすれば,広告を勝手に翻訳してくれるのでめちゃくちゃありがたいですよね。

つまり,これからは企業が売り上げを上げようとするほど

企業が勝手に読みやすいように言語を変換してくれるので,

消費者は英語を勉強しなくても良い

と言うことになります。

 

英語が要らなくなる

企業が頑張れば頑張るほど経済が成長すればするほど,

消費者の手間は減っていきます。

 

英語は手間の一部と考えられるので,

企業努力によって英語が必要な状況もどんどん減っていくと思われます。

さいごに

これから英語は要らなくなっていく

と言う話をしてきました。

 

もし皆さんが

英語って勉強する必要ないよ

と感じてこれから学習しない選択をするのもありでしょう。

 

しかし,これから英語を使って消費者をコントロールする側も必ず一定数出てきます

消費者をコントロールする側の人には必ずお金が集まってきます

英語を使ってコントロールする側になるのか,コントロールされる側になるのか,

できればコントロールする側でありたいと思います。

おこめ
おこめ

おこめは英語を勉強し続けます笑

こんな実用面以外でも英語は役に立ったよと言う話もしているのでぜひ参考に見ていってください。

おこめ
おこめ

今日も読んでいただきありがとうございました~!

他の人の記事も参考になるのでぜひみてみてください!

↓↓↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
英語 英語・海外ノウハウ 親・上司・教員 高校生・受験生
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました