小学校で英語を習う必要があるのか?

スポンサーリンク
教育
この記事は約4分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちは〜!おこめです!

 

小学校から英語をこれからたくさん勉強するようになるみたいだけど,

小学校から英語を勉強する必要ってあるの?

フィンランドへの研究留学で英語を習得し,高校でも英語を教えていた経験から,おこめがこの疑問を解決します。

 

結論からいきます。

英語を重視するのならやったほうがいい。

解説していきます!

 

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする

時間をかけた継続的な学習の方が英語が身につきやすい

Kids leaning to read English

幼少期から英語を勉強したほうが英語が身につきやすい

この説についてみんな必ず聞いたことがあるでしょう。

 

これまでたくさんの研究が行われてきましたが,幼い時から英語を学習していれば,

英語が習得しやすくなるのはほぼ間違い無いと明らかになっています。

 

今のところでは,12〜15歳までは英語が身につきやすい時期だそうです。

 

じゃあ小さい時からみんな英語を勉強したほうがいいじゃん!

おこめ
おこめ

そうでもありません!

どうして全員が小さい時から英語を勉強した方がいいが間違っているのか。

それは,小さい頃からの英語学習にデメリットがあるからなんです。

 

幼少期からの英語学習は他の力が育つ芽を摘んでしまう

英語をペラペラ話すことができれば人生の中で役に立つことは間違いないでしょう。

 

しかし,おこめは話せなくても幸せな人生を送っている人をたくさん知っています

日本人であれば英語が話せなくても全然生活していけますよね。

おこめ
おこめ

話せなくて困った時といえば,道端で外国人に道を聞かれたときくらいじゃないですよね〜

 

でもやっぱり世の中の成功している人はみんな英語ができるんじゃない?

日本で英語が話せなくても成功して大金持ちになっている人もたくさん知っています。

逆に外国相手に商売するような人は大人になってから英語を勉強してペラペラ話せるようになっています

 

おこめは「大人になってから英語を勉強するから難しい」

はただの言い訳だと思ってます。

 

英語ペラペラになる必要に迫られれば誰でもはなせるようになります

  

でも英語ができるから選べる進路もあるんじゃ…

もちろんあります!

英会話スクールなどに就職しやすくなるでしょう。

 

しかし,これは全ての力に言えることですよね?

・商売する力が高ければ商社に入りやすいですし,

・楽しませる力が高ければお笑い芸人になりやすい。

英語が特別な力というわけではありません。

 

おこめが言いたいのは,

英語を身につける時間で他のもっと重要な力が身につく

ということです。

 

英語を重視するのなら小学校から勉強するほうがいい

結論に近づいてきましたね。

親

英語は必ず役にたつ!英語を仕事で使うようなところに就職させたい!

こう考える親は子供に小さい時から英語を勉強させたほうが圧倒的に効率的です。

 

親

英語は使うかどうかわかんないけど,とりあえず学ばせとくか

こんな教育方針でもいいかもしれませんね。

 

逆に

親

英語はほぼ使うことはないでしょう!他の力を優先しよう!

特に英語を重視しないという方法もあります。

考え方の違いですね。

 

さいごに

・小さい時から英語を学習していれば習得しやすい

・将来英語を使わない人もいる

この情報からそれぞれが判断してもらえればと思います。

 

具体的にどうやって英語力を伸ばしたらいいの?

英語の伸ばし方についてきになる方には

イマージョンラーニング」をおすすめしています。

 

これからの入試にも対応し,実際に英語が苦手なおこめもこれで英語がペラペラになりました。

 

個人的には,

おこめ
おこめ

自分の子供が大人になってから必要だと思ったら必死に学べばいいのでは

と思います。

 

他にも必要な力がたくさんあるので,特別英語だけ重視する必要はないかなって感じですね。

 

他にも必要な力というのは,例えばブログで紹介しているのは

「やり抜く力」です。

やり抜く力は人生で必要と思っているので,おこめは重視しようと思っています。

 

おこめ
おこめ

子供にはできるだけ困らせないように教育を与えてやりたいですよね!

そんな教育情報をたくさん発信しようと思っています!

今回も読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
おこめ

受験生初期で462点(5割)をとり志望校E判定に絶望|1年間猛勉強の末に802点まで到達(9割)|英語・生物の教員経験アリ|英語大キライで英語圏留学経験ないながらもTOEIC815点・英検準1級|広島大学大学院教育学研究科|趣味はロードバイク・サウナ・キャンプ
受験情報を中心に役立つ情報を発信していきます

おこめをフォローする
教育 英語 英語・海外ノウハウ 親・上司・教員
スポンサーリンク
おこめをフォローする
おこめ受験

コメント

タイトルとURLをコピーしました